日刊メルマガを2週間続けてわかったこと

特にありません!(台無し)

やはりたかだか2週間で
何かを悟れるというのは
甘かったか……。

2年続ければ、世界は変わるかな?

http://amzn.to/2u0gwot

 

○○さん、こんばんは。

押野タクトです。

 

昨日のメルマガが、
日刊開始から14通目でした。

筋金入りの三日坊主な僕にとって、
2週間続けることができたのは
それだけで大変な偉業です。

 

……とは言っても、2週間は2週間。

たった14回で何かがつかめるとか、
世界の見え方が変わるとか、
そういう悟りみたいなものは
特にありませんでした。

ちょっと残念……w

まあ、淡々と続けていくのみです。

 

さて、「続ける」ことが
とにかく苦手な僕が、
何故メルマガを14日間連続で、
しかも決まった時間に発行できたか。

今後も続けるための確認がてら、
その理由を書いていきたいと思います。

○○さんが何かを(特にメルマガを)
始める時に参考にしてもらえれば
幸いです。

 

————————————-
1.目的がハッキリしており、かつ
手段として適切だと確信している
————————————-

このメルマガの目的は3つあります。

1つは、
自分の成長していく様子を
配信していくメディアとして
運用することで、
成長を加速させること。

 

1つは、
自分が「これぞ!」と思った
商品、サービスを紹介して
収入を得ること。

 

1つは、
自分が12年も苦しんだ
「ネットビジネス難民」状態に
悩む人の助けとなること。

そのために必要な武器を、
有料無料問わず伝える
メディアとして育てていくこと。

 

こうした目的のために、
メルマガを軸にしたメディア運営は
最も理に適った選択です。

目的がハッキリしているから
取り組むことに徒労感がない。

これは理由として大きいですね。

 

—————————-
2.やらなかった場合の危機感
—————————-

日刊メルマガをやろう、
と決めたのにやらなかったら
自分がどうなるか、恐ろしい。

自分が12年もダラダラ
過ごしてしまったことを
痛いほど認識しておきながら
それでもがんばれないなら、
挑戦を止めてしまうなら、

俺は正真正銘の負け犬だ!

そうはなりたくない!!

心から思います。

 

また、
僕自身のメンタルとは別に、
ライバルの多さについての
危機感もあります。

その辺は、最初の頃の
メルマガで書きましたね。

http://oshinotakuto.info/mm/archives/13

 

やるメリットと同じかそれ以上に、
やらないことのデメリットも
強く認識していることが、
続ける動機になっています。

 

———————-
3.読者と約束した
———————-

2017年7月3日にこの
日刊メルマガを開始する時、

僕は

>唐突ですが今日から
>押野日刊メルマガ開始します!!

と宣言しました。

 

これは、日刊開始以前に
無料レポートスタンド経由で
登録してくれていた読者さんとの
約束であり、

同時に
これから読者になってくれる
人達との約束でもあります。

 

こちらが一方的にしたことでも、
約束は約束。

読んでくれる人との約束を
破りたくない、という気持ちが、
メルマガ執筆を支えてくれます。

 

——————
4.事前準備
——————

書き始めた最初から
毎日ネタをひねり出すなんて
できる気がしなかったので、

実は最初の5通分ほどは
あらかじめ書くことを
ネタ出ししてありました。

後は書くだけ、という状態で
滑り出したことで、
一番大変なやりはじめの時期を
乗り越えつつあるのだと思います。

 

———————–
5.成功のイメージがある
———————–

実は、日刊メルマガ開始前、
NISHIさんと鮒谷さんのメルマガを
200通くらいひたすら読み返しました。

現に日刊メルマガを続けてきて、
今でもやっているお二人の取り組みを、
お二人が日刊メルマガを通じて
獲得しているものを噛み締めるためです。

 

おかげさまで、
日刊メルマガを続けていくこと、
それによって得られるものについての
ポジティブなイメージを強く持ちながら
メルマガを始めることができました。






以上、思いつくままに5つ挙げました。

どれか1つ、2つでは、多分
今回も続かなかったと思います。

5つの(あるいはそれ以上の)要因を
重ねることによって、
日刊メルマガを始め、続けることが
できているのだと思います。

今では、

「18時までにメルマガの原稿を書き、
配信スタンドにセットする」

ことが習慣づきつつあります。

 

「呼吸をするかのように書く」

という境地にはまだ達していませんが、
3ヶ月も書き続ければそういう感覚に
なれるんでしょうか?

今から楽しみです。

 

それでは、今日はこの辺で!

また明日、よろしくお願いします。

『日刊』を選んだ危機感

○○さん、こんばんは。

押野タクトです。

 

『三日坊主』の語源、知ってます?

出家し俗世を捨てたはずの人が、
厳しい修行に耐えられなくて
3日経ったら還俗してしまう、

つまり出家をやめて
俗世に戻ってしまうような
ケースがしばしばあったことから、

飽きっぽく長続きしないことの
たとえとして使われるように
なったんだそうです。

 

日刊メルマガ、
とりあえず3日続きました。

今日も、4日目も、5日目も
しっかり書いていこうと
思います。

 

それでは今日のテーマはこちら。

—————————-

1.日刊メルマガはしんどい!

2.『日刊』を選んだ危機感

—————————-

以下、
よろしくおつきあいください。

 

 

1.日刊メルマガはしんどい!
—————————-

ええ、まあ、はい。

日刊メルマガ、しんどいです。

 

3日目にして

「やばいまだ書いてない!
はよ書かなきゃ!!」

ってプレッシャー感じてますし、

もっと言うと初日の時点で

「俺、続けられっかなー」

「メール送るのめっちゃひさしぶりだし
そもそも読んでもらえないんじゃ……」

みたいな恐怖はありました。

 

 

今後も、

ひたすら情報収集したり
ビジネスを実践したりしつつ
そのことをバシバシ
メルマガに書いていく、

という自転車操業な日々が
待ち受けてます。

 

毎日メールを書いて、送る。

気に入ってもらえなかったら
あっさり購読解除される、

メルマガというメディアで
発信する。

 

NISHIさんも書籍で

「メルマガは常に真剣勝負」

と書いておられました。

http://amzn.to/2uAB6uE

 

始める前にアホみたいに
想像しまくってましたけど、
やっぱり苦しいです。

たった3日で、
真剣勝負として書くことの
しんどさを実感しています。

 

週刊とか、せめて週に3回とかが
いいな、という思いもあります。

 

けれど……

 

それでも『日刊』という
スタイルを選んだのは、

強烈な危機感があったからです。

 

 

2.『日刊』を選んだ危機感
—————————-

僕がネットビジネスに
最初に触れたのは、
2005年のことでした。

あれから12年。

「続ける」ということが
苦手すぎて、

成果を出せないどころか
失敗にすら辿り着けない、

ブザマな時間を過ごしてきました。

 

転機はあったんです。

2011年頃に出会ったとある企画で、
ネットビジネスが持つ可能性に
ついて目を開かされました。

小遣い稼ぎなんかじゃなく、
本気で挑むに値するものなんだ、

という確信が生まれました。

 

それでも、僕はその熱を
活かせなかったんです……。

 

その企画で当時出会った人が
グイグイ頭角を現していく姿を
ずっと見てきました。

それ以降も、様々な人が
ネットビジネスを始め、
輝きを増していく様子を
じりじりとした気分で
眺めていました。

 

ネットビジネス業界に限らず
多くの情報発信者が生まれ、
活躍しているのが、
今という時代です。

 

そんな中で、ですよ。

12年もの長い時間を
なんとなーく過ごしてしまった
この自分が、

『失敗』にすら辿り着けなかった
3日坊主の自分が、

「自分にとって無理のないペースで」

なんて考えてどうする!?

 

って話なんです。

 

どう考えても、
埋もれっぱなしのまま
いつか気力が萎えて
そのまま死んじまうぞ……orz

 

そんな危機感から、僕は
『日刊』メルマガを選びました。

 

「毎日メルマガ発行します」

「キレのある記事をお届けします」

 

という、読者さんとの約束を守る。

 

そのために、

・情報収集

・思考

・実践

すべてについて
自分に強い負荷をかけ続け、
成長し続ける。

 

読者さんにとって価値ある
発信ができるか否か。

それは要するに、

読者さんにとって価値ある
日々を過ごせるか、

ってことでもありますね。

 

少なくとも僕の場合は、
それくらい真剣な構えでやらないと

「ネットビジネス難民からの脱出」

は不可能だと思っています。

 

その一方で、真剣にやれば、
日刊スタイルでも読者さんに
毎回楽しみにしてもらえるような

(そして、合わない人には
ほったらかしではなくきちんと
解除してもらえるような)

キレのある強い発信ができるはず、
とも思っています。

 

 

自分が望む成功を手に入れたい!
(俗物ですいません・笑)

そして、その過程を
ガッツリ見せることで
自分と同じように悩む人の心に
炎を灯したい!

 

その初心を忘れず、

メルマガ1通1通で真剣勝負、
という気概を持ちながら、

今後ともビジネスを実践し、
メルマガを書き、
日々過ごしていきたいと思います。

 

それでは、今日もお読みいただき
ありがとうございました!

(18時に送る、と決めて始めたのに
もう17時55分ですよ、やばいやばいw)

 

昨日今日と自分語りが
続いてしまったので、

明日のメルマガでは

【最新のビジネスを選ぶべき人、ダメな人】

というテーマでお話したいと思います。

 

それでは、また!

『日刊』最大の強みと危機感

○○さん、こんばんは。

以前、このレポートをお届けした
押野タクトです。

→(メルマガ読者限定リンク)

 

昨日から日刊メルマガを始めました。

 

始めて早々、
メルマガの解除が1件ありまして
ちょっと凹みましたが(苦笑)、

 

解除されたということは
少なくともメールは届いている、

つまりメルマガの最低ラインは
クリアできてるってことです。

そんな感じで、
前向きにやっていきますw

よろしくお願いします。

 

さて、今日のメルマガのテーマは

—————————-
『日刊』最大の強みと危機感
—————————-

です。

 

以下、お話していきますね。

 

○○さんにまず
お聞きしたいんですが、

日刊メルマガというと
誰か思い浮かべる人がいますか?

 

僕の場合は、2人います。

 

1人は、昨日のメールで
最後に紹介した電子書籍

『人生で大事なことはメルマガが教えてくれた』

http://amzn.to/2uAB6uE

の著者である、NISHIさん。

 

もう1人は、なんと2003年9月から
毎日配信を続け、読者数も
20万人を超えるメルマガ

『平成進化論』

http://www.2nd-stage.jp/

の鮒谷周史さん。

仕事術の本とかも
書いておられます。

→ http://amzn.to/2tbRTGy

 

NISHIさんの日刊メルマガは
2015年4月1日の創刊から
毎日読んでます。

 

一方の鮒谷さんの方は、
気が向いた時に流し読む程度の
ふわっとした読み方ですが、

2005年に登録してから
ずっと解除することなく
購読を続けています。

 

このお2人のメルマガを読者として
チェックし続けたことで、僕は

日刊メルマガの最大の強み
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
を、肌感覚として理解しています。

 

それは、

【読者の脳内シェアを
確保し続けることができる】

ということ。

 

マインドシェア、と
言ったりもしますね。

 

人が、何にどれくらい
意識を奪われているか、

というような概念のことです。

 

1日に100も200もツイートする人は
Twitterに脳内シェアを奪われまくりだし、

朝起きたらFacebookを開く人、

夜仕事から帰ってきたら
YouTubeにアクセスする人、

それぞれFacebookやYouTubeに
脳内シェアを取られてるわけです。

 

これがどう関わってくるかというと、

メルマガ発行者にとっては
メールを読んでもらえないと
話にならんわけじゃないですか。

 

ところが、今の世の中は
コンテンツに溢れてますから、

読んでほしいメールを
確実に読んでもらうのは
至難の業なんですよね。

 

Twitterだったり、Facebookだったり、
YouTubeだったり、instagramだったり、

もちろんテレビや映画だったり、
あるいはコンテンツじゃなくとも
家族だったり、仕事だったり、

意識を占める要因には
ほんとに膨大なものがあるわけです。

 

無策で行ったら、
とても相手にしてもらえない。

 

そこを打破するためには、

読者の脳内にほんの僅かでもいいから
自分のメルマガが占める場所を
作らなきゃいけない、

ということなんです。

 

そして、

読者の脳内シェアを取るのに
もっとも効果的なのが

【 日刊 】

です。

 

読者さんからしてみれば
なにせ毎日届くから、

メールボックス開く度に
自然と存在を意識しますよね。

 

もし開封されなかったとしても、
そうやって1日数秒でも
読者の意識に触れれば

いずれ「気になる」気持ちが
閾値を越えて、読んでくれるでしょう。

(ま、「いい加減解除すっか」かも
しれませんが……苦笑)

 

また、1度

「おもしろいメール書く人だな~」

と思ってもらえれば、

 

僕が鮒谷さんの『平成進化論』を
気が向いた時に読んでるように、

そしてNISHIさんの日刊を
毎日読んでるように、

 

読者の脳内シェアを小さく、
しかし確実に占めることができる
というわけです。

 

いやー、

お2人のメルマガにはリアルタイムに
脳内シェアを取られてる感が
ありましたからねw

 

僕がネットビジネス業界の魅力について
本格的に知ったきっかけは

和佐大輔さんであったり、
木坂健宣さんであったり、
原田翔太さんであったりするんですが、

 

NISHIさんが日刊メルマガを
開始されて間もなく、

そういった大御所の方々のよりも
はるかに熱心に読むようになってる
自分がいました。

 

日刊メルマガの威力、何よりも
自分自身で思い知ってるんです。






と、なんだかずいぶん
長くなってしまいました(;・∀・)

 

—————————-
『日刊』最大の強みと危機感
—————————-

 

とタイトルにあるとおり、

ホントは【危機感】の方まで
話をしようと思ってたんですが……

 

いくらなんでもメールが長く
なりすぎるように思うので、
ここまでにしておきます。

 

今日もお読みいただき
ありがとうございました!

 

明日は今日話しそびれた
【危機感】の方について
書いていきたいと思います。

 

それでは、また!