安倍首相の苦境に、情報発信の定説を疑う。

ふと思いついて
Google Search Consoleを
見に行ってみたら、

このメルマガのアーカイブブログに
早くも検索経由のアクセスが!

朝っぱらから

Σ(゚Д゚)

↑こんな顔になりました。

OSHINOTE archivesはこちら
http://oshinotakuto.info/mm/

 

と、いうわけで……

○○さん、こんばんは。

押野タクトです。

 

ブログにアクセスがあったと言っても、
たった1件なんですけどねw

しかし、いくらWordPressが
SEOに強いと言っても、
WordPressを使うこと以外に
何の対策も取ってないブログに
検索経由でアクセスがあるとは。

当面は僕自身のアクセスくらいしか
ないだろうと思ってたのにw

 

なお、
アクセスまでされたのは
1件のみでしたが、

検索結果への表示は
それ含めて4件あったもよう。

すごいですね、WordPress……。

 

さて、今日のテーマは、

【安倍首相の苦境に、情報発信の定説を疑う。】

です。

 

といっても、別に政治的主張を
したいわけじゃありません。

そっちはただの事例であって、
本題は後半です。

 

さて、
よく情報発信についての教えで
定番のように言われるのが、

・当たり障りのないメッセージを出すな

・嫌われることを恐れるな。
それくらい強い発信、尖った発信をしてこそ、
味方、ファンができるんだ

というような趣旨のこと。

 

確かに一理はあります。

あるんですけど、この教えって

「人に嫌われることで発生するリスク」

を舐め過ぎじゃないですかね……?

 

安倍晋三首相を見てると、
それをひしひしと感じます。

 

彼は第1次内閣の時、
「美しい国」「戦後レジーム脱却」を掲げ、
また憲法改正への意欲を明らかにするなど、
自身が目指す国と国民の在り方を
当初から示しました。

しかし、今ならともかく
2006年当時の日本では、
こうした考え方は馴染みにくかった。

それで、

「安倍晋三は極右だ、危険な政治家だ」

みたいなイメージを持たれ、
大量に敵を作ってしまったんですね。

 

特に朝日新聞あたりは猛烈に反発し、

「なんとしても安倍を辞めさせる」

と幹部たちが息巻いていたとかなんとか。

(ま、これはあくまでウワサなんで、
信じ込むのもどうかって話ですが……)

結局、相次ぐ閣僚の不祥事や
自身の体調悪化がきっかけとなって、
彼は退陣してしまうことになりました。

 

その後再び首相となってからは、
イデオロギー的な言葉はかなり控えめになり、
代わりに『アベノミクス』に代表されるように
経済面での取り組みに力を入れています。

しかし、
あれこれ経済対策を打っても
効果が上がりきらない。

効果が上がった部分についても、
国民に伝わりきらない。

 

これね……

順序が逆だったら、もうちょっと
支持されてたと思うんですよ。

まず経済をしっかり回復させ、
その上で自身のイデオロギーを
国民に問うという形なら、
まだしも通じた可能性はあった。

 

しかし、第1次内閣の時の振る舞いで

「安倍のやることなぞ信じられん」

と頭から反発する層が
一定数生まれてしまっていて、
何をやっても足を引っ張られている。

特に、少なくないマスコミが
敵に回っているのが痛い。

森友、加計問題なんてまさにそれで、
法的にも道義的にも何ら問題ないのに

「安倍のようなヤツを
いつまで首相にしとくんだ!」

みたいなノリで延々批判されてますよね。

(※彼の政治的主張や経済政策は
肯定も否定もしてません、誤解なきよう。)

 

安倍さんは、自分が嫌われる可能性、
その結果将来何が起こるかについて
もっと慎重であるべきだった、

と僕は思います。





趣味の一つが政治ウォッチなので
ちょっと話が長くなってしまいましたw

 

で、話を戻しますけど、
誰かに強烈に嫌われるってことは、
将来に渡ってその人から
やることなすこと批判され、
時に中傷、妨害される可能性すら
あるってことです。

 

僕らは政治家じゃないから関係ない?

 

いいえ、そんなことはありません。

その「誰か」の行動自体は、
見ずに済ますことも、ブロック機能などを使って
遮断することもできます。

しかし、
ネットが発達し、個人が様々な形で
メディアを持つようになった今の時代、
そういうネガティブな意見ってのは
ずーーっと残るんですよ。

ずーーっと他の誰かに見られるんですよ。

 

すると、
それを見た人はどうしたって
ネガティブな先入観を
持ってしまいますよね?

味方になるかもしれなかった人が、
自分と接点を持ってもいないうちから
敵に回ってしまう可能性があるわけです。

自分で苦境を作り出して
自分でハマる、みたいな状況ですね。

リアルでも悪い噂話を流されて
面識もない人から誤解される、
みたいな話はありますけど、
ネットだと規模も期間も
比較にならないくらい大きいです。

 

これ、恐ろしくないですか???

 

情報発信における定番の教え、

「嫌われるのを恐れるな」

を安直に実践してしまうと、
こういうリスクがあるんですね。

 

当たり障りのないメッセージに意味はない、
それは確かにその通り。

強いメッセージを出せないなら、
情報発信の力はかなり弱まってしまうでしょう。

発信したいこと、すべきこと自体に
敵を作る可能性があるなら、
それは仕方のないことです。

しかし、情報発信の目的は
敵ではなく味方を増やすことですよね?

ですから、

「無意味に敵を作らないように」

という配慮はしておくべきだと思います。

もちろん、
それで八方美人になっては
誰からも支持してもらえなくなります。

その辺のバランスは
自分で取っていくしかありませんね。

 

それでは、今日はこの辺で!

また明日、よろしくお願いします。

シングルソース・マルチユースを実践してみた

○○さん、こんばんは。

押野タクトです。

今日は、

「さてメルマガを書くか」

と思ったタイミングで
めちゃめちゃ困った事態が
起こっていることに気付き、

大慌てで事態の解決を図っていました。

 

その分、メルマガを書く時間が
減ってしまってまたまた大慌てです。

 

17時からの1時間はメルマガを
書くことに集中する、という
心づもりでいましたが、
こういうこともあるんだなあ……

ちと反省しています。

 

さて、昨日お伝えした

【シングルソース・マルチユース】

について、実は早速実践し始めました。

http://oshinotakuto.info/mm/

 

見てもらえればわかるとおり、
このライブメルマガのバックナンバーを
投稿していくブログです。

 

○○さんもご存知のとおり、
メルマガはただ書いてるだけじゃ
一向に読者が増えません。

 

ですが、
こうしてメルマガの原稿を
ブログに投稿しておけば、

検索エンジン経由で訪れた人が
メルマガに登録してくれるという
可能性が生まれます。

 

……もっともこの原稿、
あくまでメルマガ用に書いているので
当然ながらSEOライティングなぞ
まったく意識してません。

し、

「日刊で書いてるものを
最小の労力で再利用する」

ということが目的なので、
加筆修正とかh2タグの利用とか
そういうことも一切しません。

 

ですが、

毎日記事をアップしていけば、
oshinotakuto.infoドメインが
多少なりともGoogle様に
評価してもらえるはず、

くらいの期待は
持っていいんじゃないかな?

とは思っています。

 

何も特定キーワードで
上位表示を狙おうとか、
そういうだいそれたことは
考えてないわけで。

 

それでも、WordPressを使って
大量に記事をアップしていく以上、
まったくアクセスが集まらない
という事態は考えにくいんですよね。

 

あくまで、メルマガを書く

『ついでに』

読者を集める仕組みとしても
使っていく、

というのがこのブログの目的です。

 

……と言いつつ、まだ
メルマガ登録フォームもなければ、
Google Analyticsも入れてないし、

そもそもWordPressのテーマも
デフォルトのそっけないものを
使っちゃってるんですけどね……w

 

記事投稿は省力化するにしても、
せめてテーマくらいは最初に
しっかりと整えたいと思います。

SEOにも、ユーザビリティーにも、
そして今後の運営のしやすさにも
関わってきますからね~。

 

それでは、
そろそろ18時が迫ってるので
短くなってしまいましたが
今日はこの辺で失礼しますね。

 

ここまでお読みいただき
ありがとうございました!

また明日、よろしくお願いします。

 

追伸:

最初にお話したトラブルというのが
またマヌケなもので。

ふと同じサーバーに入れてある
他のWordPressブログを見ようとしたら、
繋がらなくなってたんですね。

一気に血の気が引きましたが、
冷静にエラーメッセージを読み込んで
原因がわかりました。

バックナンバーブログを
サーバーにインストールするにあたって、
データベースにアクセスする
パスワードを忘れてしまったので
変更したんですけれども、

この新しいパスワードが
他のブログのwp-config.pfpに
反映されてなかったんです。

サクッと修正して、事なきを得ました。

やー、焦った焦った……w

シングルソース・マルチユース

○○さん、こんばんは。

押野タクトです。

 

これが10通目のメルマガ。

20通目、30通目としっかり
続けていきたい、と、
改めて気持ちを奮い立たせています。

 

さて、今日のテーマは

【シングルソース・マルチユース】

です。

 

○○さんはこの言葉、
聞いたことありますか?

実践してますか?

 

僕がこの言葉を初めて知ったのは、
原田翔太さんがセミナーで
喋ってたのを聴いて、だったと
思います。

 

シングルソース・マルチユースとは
要するに、ひとつ仕事をしたら
そいつを他のところでも
有効に使いなさい、ということです。

ネットの場合で言うなら、
ひとつコンテンツを作ったなら
可能な限りたくさんの形で
公開しなさい、ってことです。

 

たとえば……

 

・Twitterで連ツイした内容を
ブログ記事としてまとめる。

・ブログ記事をFacebookでも投稿する。

・発行したメルマガを100通分まとめて
バックナンバーとして販売する。

・誰かと対談したら、映像版、音声版、
文章版をすべて用意する。

・書き溜めたブログ記事をまとめて
電子書籍化し、販売する。

 

……とまあ、こういう感じです。

 

これ、全部まとめてもいいですよね。

 

・Twitterでだーっとつぶやいて、

・ちゃちゃっとまとめてブログ記事にして、

・その原稿をFacebook等のSNSでも投稿して、

・メルマガでも配信して、

・同じ内容を喋って撮ってYouTubeに投稿して、

・音声版をPodcastで配信して、

・記事が溜まったら電子書籍にして、

 

みたいな。

超効率良くないですか???

 

僕らのリソースは、有限です。

(※リソース=時間、労力、お金など)

しかも、僕らは日々やることが
たくさんありますから、
すべてのリソースを情報発信に
振り分けられるはずもありません。

 

そういう前提があって、それでも
情報発信をやっていくわけなので、

せめて効率を上げるために

【シングルソース・マルチユース】

を心がけましょう。

 

……ところで、
こういう発想を聞くと

「同じものを手を変え品を変え
何度も発表するのは、相手に
失礼じゃないかな?」

という風に心配してしまう人も
いると思います。

 

というか、
昔の僕がまさにそれでしたね。

そんで、
ブログとSNSとメルマガと
なるったけ発信内容を変えようとして、
同じことを発信するにしても
補足したり別の例えを使ったりと
工夫を加えようとして、

で、しんどくてやめちゃう(苦笑)

 

そんなことになるくらいなら、
省力化してでも発信を続けるほうが
自分の発信を見てくれる人にとっては
ありがたいはずですよね。

もちろん、自分にとっても有益です。

 

それから、
そもそもそんな心配は
不要だったりもします。

発信する側になると忘れがちですが、
相当に熱心なファンでもない限り、
すべてのメディアを追っかける
なんてことしないんですよね。

普通は、自分にとって
居心地のいいメディア、
見やすいメディアを中心に
楽しむものです。

 

主にTwitterを見てる人、
主にFacebookを見てる人、
主にinstagramを見てる人、
主にYouTubeを見てる人、
主にメルマガを見てる人……

 

色んな人がいます。

ですから、作ったコンテンツを
いろんなメディアに放り込むのは、
より多くの人に見てもらうという意味で
正しいことなんです。

 

受け手の立場になって考えてみても、
たとえばFacebookで誰かの投稿を見た時

「あ、これメルマガのと同じ文章だ」

と思ったとして、そこからの行動は
スルーするかもっかい読み直すか、
くらいのものですよね。

別に悪感情を持ったりしませんでしょ?

そういうことですよ。

 

というわけで、

より少ない労力で
より多くの人との接点を持つために

【シングルソース・マルチユース】

の精神で情報発信していきましょう!

 

○○さんもおそらく何かしらの形で
情報発信しておられると思いますが、

「今やってることをそのまま
他のメディアを使って発信できないか?」

ということは、常に頭の中に
置いておくといいでしょうね。

 

それでは、今日もお読みいただき
ありがとうございました。

 

また明日もよろしくお願いします!

やっぱブログ&メルマガでしょ!

○○さん、こんばんは。

押野タクトです。

 

今日は夕方から外出なので
このメールを書いてるのは
昼間だったりします。

 

先程メールボックスを開いたところ、

——————————-
仮想通貨のノアコインの返金騒動
——————————-

なるニュースを知りました。

http://bitcoin-newstart.com/noahcoin-refound

 

昨日、一昨日とメルマガで
書いたとおり、僕としては

「最新のビジネスには乗っからない」

「まずは自力/地力を高めるべし」

という心づもりで動いています。

 

これにはメルマガで書かなかった
もう一つの意味があって、

要するに、

「自分には、真贋を見抜けるだけの
眼力が備わってるだろうか?」

ってことなんですよ。

 

“最新のビジネス”は、
なにせ“最新”ですから、

ほんとに稼げるかどうかを
実証した人が絶対的に少ないわけです。

ノウハウも確立されていません。

 

「それ、ほんとに有望なの?」

「ほんとに自分のリソースを
ぶっこんで大丈夫なの?」

 

地力も人脈も普通レベル、
という人にとっては、
そこの判断がすごく難しい。

自分の能力的にも、
得られる情報の質的にも、ね。

 

仮想通貨の類は判断の難しい
ビジネスの最たるものだと
思っていますから、
僕は一切手を出してませんし
情報収集すらしてません。

 

自分が先行者利益を
得られる可能性より、
大損をする可能性の方が
はるかに高いと思ったからです。

 

そういうスタンスでいるうちに
この大規模な返金騒動……。

 

アフィリエイト等のネットビジネスが
批判されまくってた時と同じで、
仮想通貨にも実際はかなり大きな
可能性があるのだろうと思います。

 

ですが、それを見抜く目と、
仮にダメでも余裕綽々でいられる
状態を作りあげるまでは、

うっかり最新のビジネスに
乗っからないほうがよさそうだ、

という思いを新たにする
ニュースでした。

 

さて、以上のニュースは
今日のテーマとして件名にした

「やっぱブログ&メルマガでしょ!」

とも絡んできます。

 

昨日のメールのまとめとして

=============================

コンテンツ力を高めるために
安定したメディアを選び、
情報発信をしよう!

=============================

ということを書いたわけですが、
利便性と安定性の両方を満たすのが
ブログとメルマガです。

なにせ、日本でブログが
普及し始めたのは、2002年頃。
既に15年の歴史があります。

メルマガに至っては、まぐまぐの
サービス開始が1997年ですから、
20年モノなわけですよ。

 

それでいて、使われ方は
いろいろ変化がありつつ、
今でもしっかり残っている。

 

SNSが流行したことで、
一般のネットユーザーで
ブログやメルマガをやってる人の
割合は下がっているでしょうが、

やってる人はやってるし、
情報の受け手としては今でも
バリバリに利用されてますよね?

 

これだけの歴史がありますから、
ブログにしろメルマガにしろ、
ノウハウも大量に蓄積されています。

ネットを漁れば役立つ情報が
無料で大量に公開されているし、

体系化された情報も、
「情報教材」の形で販売されてます。

成功しやすい状況は整ってる。
あとはやるだけ。

 

ブログもメルマガも、
地味だけど決して枯れてないんです。

 

ブログで発信して人を集め、
集めた人にメルマガを送って
信頼関係を築いていく。

 

この形は15年間安定でしたし、
今後も有効でしょう。

 

SNSやLINE@のように
補助的に使えるツールは
いくらでも出てきますが、

情報発信の土台に据えるべきは
やはりブログとメルマガです。

地味ですが、結局これが
もっとも確実にビジネス的成功を
得るための方法だと思いますね。

 

最新のめちゃめちゃオイシそうな
ビジネスに手を出すのは、
それからでも遅くはないはずです。

 

というところで、
今日のメールはこの辺で。

 

今日もお読みいただき
ありがとうございました!

それでは、また。

 

 

追伸:
明日はブログ、メルマガに匹敵するメディア、
YouTubeの話をしますね。
お楽しみに!

僕の考えるコンテンツ力の高め方

○○さん、こんばんは。

押野タクトです。

最近は夜でも気温が
下がらなくなってきましたね~。

熱中症とかには十分
気をつけましょう。

こわいこわい。

 

さて、昨日のメールでは、

「下手に最新のビジネス(メディア)
に乗っかると危ないですよー」

「コンテンツ力を高めていきましょう」

みたいな話をしましたよね?

 

“最新”にどのように
向き合うかはさておき、

コンテンツ力を高めるべし、
という点については
誰も異論がないと思います。

 

そんなわけで
日刊メルマガ5通目は、

【コンテンツ力の高め方】

についてです。

 

コンテンツ力とは、

 

・人のマイナスを埋める

・人にプラスをもたらす

 

……を実現するための
知識、スキル、経験
などのことです。

「役立つ」だけじゃなく、
単純に「面白い」とかも
含みます。

 

これにマーケティング力を
掛け合わせることで、

価値が生まれ、お金が稼げる
というわけですね。

 

じゃ、
コンテンツ力を高めるためには
どうすればいいのか。

 

これはですね、月並みな答えに
なってしまうんですが、

 

——————————

優れた情報をインプットし、
必要なら実践を繰り返しつつ、

安定したネットメディアを使って
情報発信をしていく

——————————

 

これが一番かなと。

 

勉強するとか、
練習するとか、
学校に通うとか、
何かの講座に申し込むとか、

 

そうしたインプットは
もちろん非常に大事です。

 

しかし、

 

知識とコンテンツ力は
イコールではありません。

 

スキルとコンテンツ力は
イコールではありません。

 

経験とコンテンツ力は
イコールではありません。

 

重要なのは、

・人のマイナスを埋める

・人にプラスをもたらす

……が実現できるかどうか、
なんですよね。

 

そのためには、

・人がどのような
マイナスを抱えているか

・人がどのような
プラスを欲しているか

を可能な限り深く理解する
必要があります。

 

そしてなおかつ、

自分の知識、スキル、経験から
何をどのような形で出せば
そのマイナスを解消できるか、
プラスを提供できるか、

という問について適切な答えを
返せなければなりません。

 

ただ知識を増やすのではなく、
ただスキルを磨くのではなく、
ただ経験を積むのではなく、

それらを誰のために、どうやって
役立てていくのかを同時に
考え、実践していく必要があります。

 

とすると、やっぱし
情報発信が最強ですわ。

 

初めは読者なり視聴者なりが
一切いない状況ですから、

検索キーワードやQ&Aサイト、
雑誌やSNSなんかを参考にして

「こういうことを話せば
役に立つんじゃないかな」

と想像しながら発信しますよね。

 

そうした形の情報発信を
ベースにしていれば、
当然に「他者のためになる」ことを
前提にして情報をインプットし、
実践を積むことができるわけです。

 

そして、情報発信を続けてれば
人が集まってきますから、
今度はその人達と直接やり取りして

「こういうことを話せば
役に立つんじゃないかな」

の精度を上げていくことができます。

 

これを繰り返していれば、確実に
コンテンツ力が上がりますよね?

ていうか、
上がらざるを得ないw

 

さらに情報発信が素晴らしいのは、

集まってきた人達は
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
=『見込み客』である
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
って点です。

 

彼らは情報発信者がどういう人か、
何を目指しどんな活動をしてきたか
知っているし、感じているし、
信頼しています。

 

自動的にマーケティングが
済んでいる、と言っても良い。

 

そこに磨き上げたコンテンツ力を
適切にセールスすれば、
売れないはずがないですよね。





と、
ここまで書いたところで
1時間経過しました。

 

文字数は1,300文字強。

 

んんー、もっとサクサク
書けるようになりたい!

 

具体的には、この分量を
30分で書けるようになりたい!

 

まあこれも修行ですね(´ー`)

 

それでは今日のまとめです。

 

=============================

コンテンツ力を高めるために
安定したメディアを選び、
情報発信をしよう!

=============================

 

今日のメールでは、具体的に
どのメディアを使えばいいか、
その理由は何か、という点まで
踏み込むことができなかったので、

明日はその辺を書いていきたい
と思います。

 

今日もお読みいただき
ありがとうございました!

それでは、また。

 

 

追伸:
こちらの連載、読みながら
思わず唸り声を上げてしまいました。

http://honjitsukoryo.com/kurokawa01/

「届ける」ことのプロが
どこまで考えているか。

ぜひご一読を!